「サケのふるさと千歳水族館」の紹介|北海道グルメや求人などの情報総合案内サイト-火曜から「awardprogram」の夜更かし

「サケのふるさと千歳水族館」の紹介

サケのふるさと千歳水族館は、日本最大級の淡水魚水族館です。もとは「千歳サケのふるさと館」という名前でスタートしましたが、2015年のリニューアルオープンとともに、現在の名前に改称しました。

鮭の一生を分かりやすく紹介するサーモンムービーは、子どもだけでなく大人も十分に楽しめる内容となっています。また、水中を歩いているかのような感覚になれる水中観察室は、なんと世界初!鮭と北方圏の淡水魚のすべてを、楽しく学んでみてくださいね。ちなみに、自然のままの川を、真横から(自分が川の中に潜っているかのように)見ることができるのですが、とてもきれいな流れで大変癒されます。秋になると、その川を鮭が遡上していきますので、その様子を見ることもできるようになっています!これは、大迫力!

「サケのふるさと千歳水族館」が何故人気なのか

駅から近く、気軽に行ける水族館として人気です。デートスポットとしての活用も多いようですね。また秋にだけ見ることのできる鮭の遡上は、自然のままの姿であり、大変人気ですよ。

「サケのふるさと千歳水族館」への行き方

JR千歳駅から徒歩で10分!なんとも行きやすい立地です!

「サケのふるさと千歳水族館」の楽しみ方

千歳川のインディアン水車

この水族館のすぐそばを千歳川が流れているのですが、鮭の遡上が活発化する毎年秋には、この「インディアン水車」が千歳川に設置されます。これを使った鮭の捕獲風景は、千歳の秋の風物詩なんだとか。