「標津サーモンパーク」の紹介|北海道グルメや求人などの情報総合案内サイト-火曜から「awardprogram」の夜更かし

「標津サーモンパーク」の紹介

標津サーモンパークは、標津サーモン科学館をはじめとする「サーモンのテーマパーク」。中心施設である標津サーモン科学館は、サケ科魚類を実に30種以上も扱っている水族館&博物館です。その外観は「子どもにも喜んでもらえるような、そして興味を持ってもらえるような」ものになるよう設計したそうです。また展示コーナーなど、詳細に記載があるため面白く、大人同士で行ってもなかなか楽しいのではと思いますよ。

「標津サーモンパーク」が何故人気なのか

体験コーナーが大変充実しており、人気となっています。例えば、チョウザメ(鋭い歯が無いので安心です)に指をぱっくりしてもらう体験、そしてドクターフィッシュにつんつんついばんでもらう体験、いろいろなお魚へのえさやり体験など。えさやり体験は、一日に制限人数が設けられていますが(お魚達の食事の分量に合わせて)、その他の体験はいつでも誰でも可能ですので、お楽しみ頂けますよ。

「標津サーモンパーク」への行き方

中標津空港から車で20分、バスだと40分程となります。場所は少し分かりにくいかもしれません。事前に確認をお願い致します。

「標津サーモンパーク」の楽しみ方

標津サーモンハウス

パーク内にある商業施設の「標津サーモンハウス」は、当然の如くサケづくし。その中にある120席のレストランでは、各種鮭料理が楽しめます。もちろん、鮭以外のお食事もご用意しておりますので、苦手な方、展示魚を見てすぐにお仲間を食べることはできない、と言う方でも、美味しい・楽しいひとときを感じて頂けると思います。