「宗谷丘陵」の紹介|北海道グルメや求人などの情報総合案内サイト-火曜から「awardprogram」の夜更かし

「宗谷丘陵」の紹介

宗谷丘陵は、本土最北端の岬である宗谷岬の南にある丘陵地帯です。観光スポットと言いますか、北海道の壮大さを実感できる場所ですね。この地形は氷河時代(およそ2万年前)に形成されたと言われています。穏やかな海を思わせるような形状に、大地の歴史を感じることができるでしょう。ちなみに、周囲には樹木がありません(明治時代に発生した山火事によって消失してしまったそうです)。あるのは、その風景のみ。しかし、それが何とも言えず、ご褒美のような気持ちになれるのです。

「宗谷丘陵」が何故人気なのか

北海道遺産として登録された頃より、観光地としての人気が向上してきたように思います。2005年に運用を開始した57基もの風力発電施設が並ぶ姿は、なんとも圧巻!またその風景の中を、優雅に草をはみながら歩く宗谷黒牛の放牧の姿も大変楽しいものですよ。

「宗谷丘陵」への行き方

JR稚内駅または稚内空港より宗谷バスに乗って頂き、宗谷岬で下車となります。宗谷岬の観光とセットでお越しくださいね。

「宗谷丘陵」の楽しみ方

稚内フットパス

「フットパス」とは、あるがままの景色を楽しみながら歩ける小道のこと。実は稚内にはそのフットパスがいくつか整備されているんです。その中でも代表的なものが宗谷丘陵を通るルート。宗谷岬から歴史公園までの11kmと長めのコース設定です。