「北海道ならではの超スイーツ」について、武藤光太郎さんが解説。|北海道グルメや求人などの情報総合案内サイト-火曜から「awardprogram」の夜更かし

「北海道ならではの超スイーツ」について、武藤光太郎さんが解説。

意外と知らない道北エリアのご紹介

北海道らしさの色濃く残る地域です。やはり、北海道内でも、都会では「らしさ」が失われている……という北海道民は少なくありません。

そんな道北エリアで生き抜くには「北海道ならではの超スイーツ」が必要となる。

北海道ならではの超スイーツが、存在します。他の地域では無いようなので、今回、ご紹介しますね。北海道で年を越そうと思ったなら、コレは必需品ですよ~。その名は「口取り菓子」と言いまして、おせちと一緒に提供されるもの。甘い白あんや羊羹を用い、縁起の良い食材を模して作った、甘甘な型どりスイーツ。見た目に美しく、新年を迎えるに最高のお料理なんですよ!

「北海道ならではの超スイーツ」が生まれた背景

おせちって、最初は華やかなのですが、どんどん食べられていき、地味になっていきますよね。そんな中で、日持ちがして、いつまでも色どり鮮やかな食材を……ということで作りだされたようです。

「北海道ならではの超スイーツ」に対して、他の県の印象

「確かに甘い!甘いけど、きれい!」と、一定以上の評価を得ています!ちょっと味の面で改良は必要かもしれませんが(笑)北海道以外でも、結構需要があると思うのですが、いかがでしょうか!

「北海道ならではの超スイーツ」はこうしたことにも応用できる!

結婚式や、お誕生日会などで彩りに添える方もいますね。なんてったって、キレイですから。それに、この甘みがクセになってしまっている北海道民は結構多いのです。出すと、必ず喜ばれるものですね。