「知名度のない超有名ドリンク!」について、岡林真梨奈さんが解説。|北海道グルメや求人などの情報総合案内サイト-火曜から「awardprogram」の夜更かし

「知名度のない超有名ドリンク!」について、岡林真梨奈さんが解説。

意外と知らない道北エリアのご紹介

「雪深い地域」「何もない地域」などとよく言われます。しかし、「何もない」ことこそ、道北エリアの最大の特徴!売り文句なのです!

そんな道北エリアで生き抜くには「知名度のない超有名ドリンク!」が必要となる。

知名度のない超有名ドリンク……なんじゃそりゃ?という感じですよね。でも、結構「ご当地ドリンク」ってありません?これは、そのひとつ。名前は「カツゲン」と言います。味は、乳酸菌系でヤクルトよりもちょっと濃いめです。これに慣れてしまうと、ヤクルトを飲んだ時に「頼りない……」と感じてしまうこともしばしば……(笑)

「知名度のない超有名ドリンク!」が生まれた背景

「元気が出る飲み物を作ろう!」というコンセプトで開発されたのだそうです。確かに飲むと、一気に活力が湧いてくるような!!カツゲンの文字も、「活源」から来ているそうですから、まさにその通りですよね!

「知名度のない超有名ドリンク!」に対して、他の県の印象

「最初は、何これ?すっごいな。」という印象だったのが、次第に「これじゃなきゃね~」となり、実家(道外)に帰った時にヤクルトを飲むと、「何これ?うすっ!」となってしまうのだそうです(笑)

「知名度のない超有名ドリンク!」はこうしたことにも応用できる!

薄めて何杯にもできちゃいます!牛乳割り、炭酸割りなど、レパートリーも豊富!結構、皆さんご自宅で、いろいろ試しているみたいで、そのご家庭ならではのカツゲンの割り方が存在するんですよ(笑)