「リラ冷えに要注意」について、大槻亜理紗さんが解説。|北海道グルメや求人などの情報総合案内サイト-火曜から「awardprogram」の夜更かし

「リラ冷えに要注意」について、大槻亜理紗さんが解説。

意外と知らない道央エリアのご紹介

都会になりますので、北海道の中でも比較的温かい地域ですね。除雪もしっかりとしてもらえる地域ですし、歩きやすさや生活のしやすさで言うと、他の地域よりも、かなり過ごしやすいかと思います。

そんな道央エリアで生き抜くには「リラ冷えに要注意」が必要となる。

これは、北海道で住んでいくためには、必須の注意事項です。時期は5月下旬。さすがにこの時期ともなると、北海道でもドカ雪に悩まされることもなく、過ごしやすい時期になってくる頃ではあるのですが、なんとその時期に、ググッと寒い日が突然舞い戻ってくるのです!いつでも寒さに対応できるよう、せめて6月初めまでは、上から着られる服を持ち歩いている方が無難ですよ!

「リラ冷えに要注意」が生まれた背景

昔からの気候の特徴なので、ご年配の方はもちろん、若い世代にまでしっかりと浸透している気候の特徴です。それを、北海道ならではの言い方として「リラ冷え」と言います。ちなみに「リラ」とはライラック(フランス語)のこと。その花の咲く時期に合わせて寒さが戻ってくることに由来しています。

「リラ冷えに要注意」に対して、他の県の印象

北海道の寒さは厳しいと知っていたけれど、さすがに5月を過ぎると油断するそうで、実際リラ冷え(全国的に言うところの「花冷え」)に悩まされる他県民の方は多いようです。ただこういった季節だからこそ、北海道らしい、北海道の美しさを表現している……という面もあるので、こればかりは慣れるしかないですね~。