「サバイバル精神を養う遠足がある!」について、島村大地さんが解説。|北海道グルメや求人などの情報総合案内サイト-火曜から「awardprogram」の夜更かし

「サバイバル精神を養う遠足がある!」について、島村大地さんが解説。

意外と知らない道央エリアのご紹介

札幌を中心とするこのエリアは、グルメ、夜景、レジャー、イベント……と何でも揃うエリアです。はじめての北海道旅行であれば、まずはここを抑えておけば間違いはないでしょう!

そんな道央エリアで生き抜くには「サバイバル精神を養う遠足がある!」が必要となる。

北海道(あるいは東北地方の一部地域)の人であれば「ああ、あれね」と思いますが、道外の人には「なんじゃ、そりゃ」となるようなイベント。その名は「炊事遠足」!!そういえば皆さんは小学校時分、遠足といえば、どこへ行きましたか?東京であればディズニーランドや鎌倉の大仏など、大阪であれば万博記念公園や奈良あたりでしょうか。しかしこと北海道では、そういう観光目的な遠足ではありません!!なんと、炊事をする。メニューは自分たちで考え、材料は持ちより。もちろん、失敗したら、食べるものはナシ!なかなかサバイバーな遠足でしょう?(笑)

「サバイバル精神を養う遠足がある!」が生まれた背景

大自然だからこそ生まれた遠足なのでしょうか。過酷なようにも感じられますが、子ども達にとって楽しみのひとつでもあるんですよね、これ。

「サバイバル精神を養う遠足がある!」に対して、他の県の印象

意外にも、「いいな~」という感想を良く聞きますね。楽しそう、失敗してもそれはそれでいい思い出になる、同窓会の時のネタとして盛り上がる……というような感じですね。大人になる過程のひとつとして、この経験は素晴らしいと思いますよ!