「ロードヒーティングのある暮らし」についてのご紹介「飛松」が解説。|北海道グルメや求人などの情報総合案内サイト-火曜から「awardprogram」の夜更かし

「ロードヒーティングのある暮らし」についてのご紹介「飛松」が解説。

意外と知らない「北海道全域」のご紹介

北海道には、ロードヒーティングという設備があります。温かい地域には、この設備はありませんよね。寒い地方ならではの、過ごしやすくするための工夫。なるほどと思う知恵が、北海道には溢れています。

そんな「北海道全域」で生き抜くには「ロードヒーティングのある暮らし」が必要となる。

北海道は、いわずもがな雪が大量に降ります。もちろん、その際には各人で除雪をしなければいけませんし、道路には除雪車が登場。一気に大量の雪を片付けてくれます。しかしながら、そう毎日除雪車が出動できる訳でもありませんし、また、小さな道に入ってこられるような車でもありません。やはり、細部は人の手に頼るのが常。……という訳で、人手にかかる負担を少しでも軽減するべく、ロードヒーティングのある暮らしが実現しているのです。

「ロードヒーティングのある暮らし」が生まれた歴史

雪がキレイ……と言えるのは、雪を楽しめる地域にお住まいだからこそ。豪雪地帯では、雪にしっかりと対応できないと、命に関わるものなのです。だからこそ生まれた、ロードヒーティング。玄関までの動線の確保や、雪捨て場所などによく利用されます。

「ロードヒーティングのある暮らし」を見た他の県の印象

雪降る街並みがキレイ……と言っていられるのは、旅行客だからこそなんだと、はじめて知りました。北海道の方にとっては、雪=除雪作業となるのですね。もっと住み良くなるよう、さまざまな生活の知恵が施されるといいなと感じました。