「ホットジェル」についてのご紹介「明里」が解説。|北海道グルメや求人などの情報総合案内サイト-火曜から「awardprogram」の夜更かし

「ホットジェル」についてのご紹介「明里」が解説。

意外と知らない北海道全域のご紹介

北海道全域の住民にとっての必需品。それは、ホットジェル。トウガラシなどのエキスが入っているジェルで、身体に塗り込むことでぽかぽか。温かくなれるのです!

そんな北海道全域で生き抜くには「ホットジェル」が必要となる。

防寒着をどんなに着こんでも、寒いものなんです。顔や手足は、ある程度出てしまいますから。でも、ホットジェルさえ塗り込めば、外に露出していても発熱により熱感を得られるんですよ~。これなら、北海道でも、外での仕事ができちゃう。ちょっとくらい薄着になっても大丈夫……というわけ。もちろん、ジェルに頼り切っては危険ですけどね。ちょっとしたお助けグッズにはなるので、まずは一本、持っておく事をオススメします!

「ホットジェル」が生まれた歴史

サーファーの要望にお応えして開発された商品だと聞いています。それを、極寒の地である北海道の住民が、日常生活の中で使いだし、広まった。そんな経緯のある商品ですね。

「ホットジェル」を見た他の県の印象

「ホットジェル」、いいですね。北海道だけでなく、どこの地域でも使えそうです。「寒い」と感じる場面は、どの地域でも必ずあるはずですから。遊びや仕事など、これさえあれば寒くなく全力で取り組めそうなので、ぜひ、私自身も買いたいな……って思っています(笑)どこで手に入るんでしょうか。北海道まで行かなくちゃダメなのかな?友だちにサーファーもいないし……。ちょっと探してみないといけないかもしれないですね(笑)