北海道のグルメ情報札幌市中央区で大人気母の手料理が食べられる川本あかね堂のご紹介。|北海道グルメや求人などの情報総合案内サイト-火曜から「awardprogram」の夜更かし

北海道のグルメ情報札幌市中央区で大人気母の手料理が食べられる川本あかね堂のご紹介。

川本あかね堂の紹介

本名:河本茜は、札幌生まれ札幌育ちの純粋な道産子です。その茜が高校を卒業後に料理の世界に目覚めました。料理の専門学校を卒業した後に、一般の企業に就職しましたが、3年後に退社して幼い頃からの夢をかなえるべく自宅を改造して作った店が「川本あかね堂」です。屋号は、自分の旧姓を少し捩って付けました。地元でローカルな人しか知らない店なのですが、家庭料理は絶品です。

 

川本あかね堂のイチオシ母の手料理についてのご紹介

ここでの料理のイチオシは、何種類かあります。その中でも北海道を代表する「ジンギスカン」は最高です。何処で仕入れているのかは企業秘密ということですが、臭みが全くないラム肉は最高です。通常であればラム肉を使用と明記してあってもマトン肉と調合してあるのではないか?と、疑いを持ってしまう時もありますが、ここではマトンではなくホゲット止まりだと断言できます。本人から聞きました。

 

母の手料理の歴史

河本茜は、現在42歳です。本人が生きてきて現在までに食べてきた食生活が、川本あかね堂の味で母の手料理の歴史になります。

 

川本あかね堂へのアクセス

札幌市中央区南11条西7丁目にあるSEIYUから徒歩5分の距離にあります。

 

川本あかね堂への口コミ

茜ちゃんは、学友なのですが学生の頃から料理が得意で有名でした。料理の学校に行ったから最終的にはこういう店を始めてくれると思っていました。一般の会社に入社した時は本当に驚きましたよ。あ、料理の口コミで素よね。何料理を食べても気持ちがホッコリする味です。